6月9日は滋賀県、安曇川広瀬の鮎解禁でした。

当日は朝早くから広瀬漁協へいき、早々の釣り場へ。

釣り場についたら人だらけ、なにせ、この日は400人の釣り人が入ったらしい。

前日の雨が災いして水温低下、薄濁り、15cm高。

苔腐れで鮎もまともに苔食っていない。

2時までやってツ抜け程度。

上流部はかなり良かったみたいですが、なにせ釣り人の数が半端やないです。

入る所がありません。

私らが入っていた場所も人だらけ。

昼飯食ってから入ろうとするともう場所がない状態。

どこかのクラブの人でしょうか?

開いてる場所に入ろうとする人に対して、「そこは俺の場所や入るな!どっかいけ!」

まぁ大変なことを言う馬鹿な鮎釣り師がおるもんです。

どこのクラブの人とは書きませんが、某〇〇会の人です。

こんな人は相手せんことです。

なにせ馬鹿なんですから相手しても損するだけです。

放っといたらええのです。

入ろうとした釣り人もそんなことを考えていたのか、その場所には入らずよそに行きました。

まぁ釣り師としては失格の人がいる某〇〇会。

ほんまに相手したくない人たちです。

6月10日は奈良県、川上村漁協の鮎解禁でした。

前日の安曇川で腰痛が悪化し、この日は解禁不参加。

情報によりますと18cmから20cmまで午前中18匹だったそうです。

鮎は全体に大きくなっているそうで、水温が上がってくる頃には楽しめそうな感じです。

中奥川の鮎は絶品ですよ、水の綺麗さが他の川に比べると格段に良い。

私ももう少ししたら釣行します。

中奥川も安曇川広瀬も同じ鮎が釣れるわけですよ。

広瀬の下流、舟木のやなで取れた鮎が中奥川に放流されているので、状況は同じような感じです。

今年の鮎は少し大きいような感じですね。

広瀬の鮎も水温が上がる頃には相当面白そうです。

休みが足りません。

どちらも行きたい。

でもね、今週は・・・磯の予定。。。。。


32235690_1704500919632837_6571725516829622272_n