今年のアオリイカ状況。

まぁはっきり言って厳しいです。

和歌山側は本当にパラパラと釣果が有るぐらい。

三重県側も居る所に居るが全体には少ない気配。

何故に?

ボートなどではポイントを探れるので結構アタリはずはあるようだが、日によってのムラが激しい。

たまにエギでも釣れる程度で、今年はアジを使って狙うのが硬い。

黒潮蛇行の影響がかなり響いていて和歌山側は下り潮が現状。

大阪湾の冷たい海水がどんどんと下っている。

今日ぐらいからぼちぼちと黒潮の分流があたりだし、状況は良くなるかと思う。

まぁ今年のアオリイカはゆっくりと狙わないと仕方ない。

とは言う物の、餌のアジ確保が難しくなる。

ところによっては5月末までアジは扱うがそれ以後はなし。

相当、売れ行きが悪いようだ。

アオリイカが本格的に釣れ出したらいいのだが、20日以降に期待するしか無い。

その頃だと釣り人が参ってくるような気温になって来る。

中々今年のアオリイカは厳しい。

先日も三重県の紀北町。

石倉渡船さんにお邪魔して半夜狙い。

沖磯はアオリイカが小さく、湾内は大きい。

ベイトが湾内に居着いてベイトにアオリイカが付いている感じ。

型も良い、イカダ、カセ、ボートでかなりの釣果は上がっている。

これから上向くアオリイカだが、気温上昇と共にアジの管理も難しくなる。

さて、、、如何なものか?

3kgアオリを釣らないと終われない気がするが。。。。

さて、どこへ、何時狙いに行こうか?

思案六法!