昨日はサンラインさんのヤエン研修会

社員さん参加で朝からヤエンの掛かりかたや原理、尾針の結び方など現場で解説。
その後アジ付けて実釣

山口県の波止場は日曜日でも釣り人が少ない。

社員さん5名 がバラけてアジを泳がす。
が…なかなか反応が無い。

私も波止場の付け根から先端まで外側、内側を細かく探りましたが反応無し。

お昼前、仙台から転勤しヤエンなんて全くの未経験者にアタリ

ロッドサポートしながら寄せの解説。 スプール半分のラインを出してアタリが有り、寄せにかなりの時間が掛かる、しかも水深浅く船の出入りがある港

寄せの途中に船が帰港、船音きいてアオリイカがまた浅い方へ移動。

ヤエン投入する物のライン角度が浅いので進行速度が遅い。
おまけにヤエンの先端針に長い藻が絡み、進行を邪魔する。
回収も出来ないのでそのまま送る。

が…寄せの途中でイカの重さが無くなる。
針に掛かった藻のおかげでヤエンのバランスが崩れ、重心移動が出来なかった。
貴重な一回のアタリをとることが出来なかった。

サンライン社、ヤエンに前向き、真面目です。

続きは後日