久々です。

関西のつり原稿を書き上げ提出しました。

目指せ3kgUpらしいですが以外に釣れますよね?

4kg台になってくるとちょっと中々釣れませんが運もありますよ。

いくら狙いがでかくなってもラインの選択はせいぜい1.2号ぐらいですか?

確かに1.5号ぐらいにすれば相当強くなりますので結構な大きさまで強度は大丈夫です。
特にフロロ、「ダンクスナイパー」などはかなりの強度があり、根ずれなどの対処も結構いけますよ。
ナイロンならちょっと怖いかもですが今年のプロトならばかなり耐久性があってもちそうな感じです。
巷では2号標準で太い方は4〜5号と表記されていますがそれってどうなの?

まぁ人それぞれの遊び方の違いですね。

私は釣りに関してはなるべく極限までのラインで遊ぶ事で相手に逃げる隙を与えるのです。

基本は「獲る」

ですが渓流、磯、船などでかなり使い分けをします。

渓流で支流の釣りならばハリスを0.15〜0.125号ぐらいでオモリをつける部分をPE0.3号の付糸、その上の部分は0.2号で通します。
支流は木の枝などでトラブルが多いのでラインは太い目になり、本流ならば逆で水量があるので0.125号通しが基準になりますね。

磯ならば(私はアオリ烏賊メイン)ですのでラインは基本1号、よほどのハエネなどの多いところでは1.25号です。
まぁラインテストなどでいろんな太さを替えスプールに巻いて持参します。
1号と2号ならばアジの潜り、泳ぎは全然違います。

船は釣りの対象がまちまちですのでいろんなリールにまいてあります。
カワハギならば基本0.8号PEで最近は1号PEです。
0.8号PEはちょっと潮きり良すぎてラインテンションが掛からない時があるので1号です。
幹糸なども同じくラインテンションの操作ですのであまり柔らかく細くなると操作がしにくくなりますので4号フロロを使用しています。
ハリスは針の号数とのバランスですね、当然針の重さも関係します。
船鯛などは3号PEですし、鯛ラバーなどは0.8号、タチウオでも3号PEまでです。ウタセ真鯛はハリス4号〜5号ですがこの太さでもラインぶちきれがありますからパワーがすごい奴がいます。

釣りって人それぞれの考えで繊細さを求める方と豪快さを求める方が存在すると思います。
私は繊細さを求めるので細い糸になります。

でも?

事、「ヤエン」では?

元々繊細な釣りの側に入ると思いますのですべての物の考えが繊細に考えます。
南紀方面で4号〜5号の道糸使って自作ヤエンで楽しんでおられる方も聞きますが元々繊細な釣りなのでもっと楽しくする為にラインも細く、やり取りも面白いほうが良いと私は考えますが、まぁそれぞれです。

私はたくさん釣るよりも一杯のアオリイカでどれだけ楽しめるかだと思いますので釣った数は結果論、むしろ釣る過程の楽しみなのです。
人の考え方はそれぞれのスタート地点が違いますので自分の考えを無理押しする事はしません。

基本は「遊び」