今回、二日間の渡って伊豆の防波堤での釣りを経験しました。

普段、和歌山ではほとんどが磯、大抵の磯は低いところ。
しかし、伊豆の防波堤は沖からの波を確実によける設計でかなりの高さがある。
干潮時には6mのタモの柄でもしっかり腕を伸ばさないといけない有様。

和歌山なら5mでいつもおつりが来る高さからの釣り。
次に揃えなくてはいけないのが6mのタモの柄だ。

その他には、ヤエンの選択とやり取りの方法

ヤエン選択⇒私のスペシャルチューンヤエンはコロコロの付いている某社のヤエンより早くすすみアオリイカに到達する。
しかしながらヤエンの自重が軽いものや、針から軸の間20cm以内ならば足にかかる確率が高くなる。
特に干潮時にはこの確率が格段に上がる。
この場合のヤエン選択は?自重の重いヤエンが有利になる。
しかしながら自重の重いだけではダメ。
バランスも当然必要だし、ラインに抵抗を与えない重さ基準が理解できた。
OKヤエンM寸=14g
OKヤエンL寸=14g
(OKヤエンは針の大きさの違いで保持率確保の目的)
オカサンヤエンM寸=17g
(今回ケースにL寸はなかった)
OKヤエンとオカサンヤエン、プロトオカサンヤエンは14g
このg差は3g

この3gが大きく影響する。

たかが3gです。

何が言いたいか!?

波止場が高いとロッドの高さをあわせると水面まで10mの距離になる。
自分の背丈からヤエンを掛け、滑らせるとそれでも高さは6〜7mになりヤエンの進行は早くなる。

進行が早いと?

アオリイカに激突!!
針の掛かり方は?
「一触即発」
つまり、アオリイカを寄せにかかっている体制では斜めになっていてその手前にアジがある。アジに向ってヤエンが進み、その先はアオリイカの足がある。

一番先に針に触れるところが・・・・・足になる。

今回の釣行で足掛かりは二日間で4杯。
そのうち一杯は小さな500ほどのアオリイカだからアジのもち方に問題あり。

後の三杯は2kクラス。
このクラスになると足に掛かればタテの繊維の部分なので当然、
「身切れ」。。。。。つまり、、、、、バラシ

せっかくの足元まで来ているアオリイカ、ヤエンも掛かっているのが確認でき、ギャフを打つ寸前に・・・・・・・アウト!

これはヤエンの送り込みが甘い。
ラインを張りすぎている為の原因。
ヤエンの基本である、下側からヤエンが入り込み、重心移動して針側が跳ね上がり掛かる。
高さがある場合には下側へ送り込むにはかなりラインのたるませが必要になる。
アオリイカとの距離をつめればつめるだけ角度はきつくなり激突現象は免れない。

ヤエンの重さを3g重いものを使用し、アオリイカとの距離を40mぐらいの距離でヤエンを投入。
これでヤエンの掛かり方がアオリイカの下側へと入るようになる。

高さがあるところからはアオリイカを40m以内に寄せずに普段使用の3g前後重いヤエンの選択が必要に成る訳だ。

今回は特にDVDで必要な場面、寄せの説明をしながらの操作だけに寄ってしまう。
普段の釣りならばもっと早い対応方法ができたのだが・・・・・

ここで皆さんに?
ヤエンは軽いだけじゃダメ。
高さがあるから中折れヤエン?これもダメ、中折れは針がアオリイカに掛かってからの作用でまずはヤエンを下側へ送り込む事が最優先。
だから中折れヤエンの効果は発揮出来ない。
針が掛かり、その部分が支点になり、中折れ作用が起こるわけだから実際には無意味な設計になるわけだ。

こんな説明したら勉強になるでしょ
最後まで見たらここをおしてね!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ